• お問い合わせ
  • Facebook
  • instagram

NEWSお知らせ

コーティング作業の流れをご紹介

  • 2021.07.20

千道は愛知県知多郡を拠点に車のコーティング業務を行っております。

今回は、一般的なコーティング作業の流れを7ステップに分けてご紹介いたします。

 

コーティング作業の流れ

ステップ1:洗浄作業

 まず最初にボディ外装を細部まで洗浄します。

 汚れが残っているとコーティングに悪影響がありますので、徹底的に丁寧に洗浄します。

 

ステップ2:拭き取り作業

 カー洗剤をキレイにすすいだら、その水分を拭き取ります。

 ボディ表面だけでなく、ボンネット・ドア・トランクの内側の水分も残らず拭きあげます。

 

ステップ3:コンディションチェック

 保管状況・使用状況によるボディのコンディションを確認します。

 弊社は高い技術力と豊富な経験から、最適なコーティング・施工法を見極めることが可能です。

 

ステップ4:養生作業(マスキング)

 次工程以降の作業に関係しないパーツを養生して保護し、研磨剤やコーティング剤の付着・流入を防止します。

 

ステップ5:磨き作業(下地作り)

 コーティングは整えられた塗装肌に施工することで、本来の機能を最大限に発揮することができます。

 小さな傷も見逃さない整った環境・設備のもと、高いスキルと真心で磨いております。

 

ステップ6:コーティング塗布

 コーティング剤をボディに塗布し、適切なタイミングで拭きあげます。

 

ステップ7:仕上げ作業

 マスキングテープを外し、仕上げの拭きあげをしながらボディ全体のチェックをします。

 最終確認をして、問題がなければ施工完了です。

 

愛車のコーティングをご検討のお客様は、ぜひ一度千道までお問い合わせください。

 

お問い合わせフォーム

Copyright © 2021 千道 All rights reserved.