• お問い合わせ
  • Facebook
  • instagram

WORKS業務内容

コーティング

極上の仕上がり

当店のコーティング剤は、高級液剤「D-CRYSTAL COAT」(以下、DCC)を使い、お客様の愛車を透明度の高いガラス被膜で覆い様々なトラブルからお守りします。

コーティング剤は大きく分けてポリマー系とガラスの2種類に分かれます。
ポリマー系と呼ばれるものは安価で施工時間も短いですが長期間効果を期待できません。
油性であるために塗装表面が紫外線などによる劣化(くすみ)が起こりやすい点が挙げられます。

DCCは完全無機のガラスコーティングでガラス含有率90%以上あり、完全硬化すれば塗装より硬くなるためシミやキズが付きにくくなります。
一般的なコーティングが1μ未満のコーティング被膜に対して、DCCは15μ前後のコーティング被膜を形成。
この膜厚により奥行きのある深い光沢感の仕上がりになります。

下地作りの重要性

たとえどんなに高級な液剤を持ってたとしても、荒れた塗装に施工しては艶もあがらず性能の半分も引き出せません。
塗装状態を見極め、きちんと整えられた塗装肌に施工する事によって最大の効果が発揮されます。
磨き作業においてキズを取る技術はもちろんですがキズが見える環境、設備、磨き手の気持ちが重要と考えます。
どんな人がどんな環境でどんな熱意で施工するかが大切です。

認められた技術

当店はDCC加盟店であり、メーカーが規定する設備や品質が整っていてメーカーの基準を満たしDCCを扱える高い技術力がある施工店です。
まずDCC認定施工店になるためには、高い技術力が無くては取れない『ディークリスタルコート認定技術者』の資格を獲得し施工環境の設備が整っていなければなりません。
DCCでは液剤以外にもシャンプー、コンパウンド、バフ、クロスに至るまで全てメーカー指定のものを使い施工しております。

愛車への定期的なご褒美

メンテナンスは1年に1度ほどが目安になっておりますが、お車の環境などによっても変わります。

使用頻度や保管状態など様々ですが、光沢が落ちてきたなと思ったら当店へお持ち下さい。
コーティング施工後のお手入れ方法ですが、基本的にはシャンプーでの洗車をお勧めしております。

水洗いだけでOKというお店もあるでしょうが、空気中には油分も含まれてるため、水では落ちない汚れもあります。
空気中の油分がボディ表面に付着し太陽などで熱せられ不純物が停滞する事で、汚れを抱き込み、汚れが汚れを
引き寄せ結果くすみの原因となってしまいます。詳しい内容は施工後のお引き渡し時にてご説明させていただきます。

Copyright © 2020 千道 All rights reserved.